パールネックレスの長さを悩みやシーンに分けて解説!首元〜胸元が最も綺麗に見える長さとは?

パールネックレスの長さを悩みやシーンに分けて解説!首元〜胸元が最も綺麗に見える長さとは?

目次

美しいパールネックレスは、特別な瞬間に魅力を加える素晴らしいジュエリーです。しかし、パールネックレスの長さを選ぶ際、体型やシーンに合っているのか悩みや戸惑いが生じることがありませんか。今回の記事では、パールネックレスの長さに関する疑問や悩みを解消し、どのシーンでどの長さが最も魅力的に映えるかについて解説します。この記事を読むことで、自信を持ってパールネックレスを選び、特別な瞬間や日常の装いで最も美しく輝くことができるでしょう。

パールネックレスのマナーについては以下の記事でも紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。
パールネックレスのマナーを解説!冠婚葬祭や長さ・大きさ・色・形別にわかりやすく紹介

パールネックレスの長さの名前と比較

パールネックレスの長さの名前と比較

パールネックレスの長さの名前は以下の通りです。

  • チョーカー:40cm(留め具を入れて43cm)
  • マチネー:60cm( 留め具を入れて63cm)
  • オペラ:80cm( 留め具を入れて83cm)
  • ロープ:120cm( 留め具を入れて123cm)

それぞれ比較して解説していきます。

 

チョーカー:40cm(留め具を入れて43cm)

チョーカーは約40cmの長さで、最も一般的に使われており、フォーマルな場面からカジュアルな日常まで、さまざまなスタイルに合わせて楽しむことができます。また、贅沢なデザインのパールチョーカーは、ブライダルアクセサリーとしてティアラと共に華やかさを引き立てる人気アイテムでもあります。

 

マチネー:60cm(留め具を入れて63cm)

マチネーは、約60cmの長さを持ち、名称はフランス語で、ミュージカルや演劇などの昼の公演を指します。ワンピースやハイネックセーターに合わせると、カジュアルさと上品さを同時に楽しむことができます。

 

オペラ:80cm(留め具を入れて83cm)

オペラは、約80cmの長さを持つスタイリッシュなアクセサリーです。この名前は、夜に催されることが一般的なオペラや夜の社交イベントで活躍するために付けられました。パールネックレスは、洗練された装いにぴったりで、その長さとボリュームが魅力的にうつり、夜のパーティーや特別な場面にふさわしいアクセサリーです。

 

ロープ:120cm(留め具を入れて123cm)

ロープネックレスは、約120cm以上の長さを持ち、オペラよりもボリューム感があります。2連に巻いたり、ブレスレットと組み合わせたりするなど、多彩なスタイリングが楽しめ、使い勝手が良いのが特徴です。ロープタイプのネックレスは、おしゃれをワンランク上げたい方におすすめと言えます。

 

パールネックレスは鎖骨くらいの長さが最も格式が高く一般的

パールネックレスは鎖骨くらいの長さが最も格式が高く一般的

パールネックレスは、鎖骨くらいの長さが最も格式が高く一般的と言われ、フォーマルな場面からカジュアルな日常の装いまで幅広くコーディネートできます。鎖骨にかかる長さは、パールの美しさを引き立て、エレガントで上品な印象を与えます。また、他のアクセサリーとの重ね着けにも適しています。他のネックレスやペンダントと組み合わせて、自分らしいスタイルを演出することも可能です。パールネックレスの長さに迷われた場合は「チョーカー40cm(留め具をいれて43cm)」を選ぶことをおすすめします。

 

パールネックレスの長さの測り方

パールネックレスの長さの測り方

手持ちのネックレスの長さを測りたいけれど、正確な測り方が分からないという方もいるかもしれません。ここでは、パールネックレスの長さの測り方を紹介します。まずチェーンを外して、できるだけまっすぐに伸ばします。測定を行う際には、平らな場所にチェーンを置くことが重要です。チェーンの片端にメジャーなどの測定器をあて、反対の端まで伸ばします。このとき、クラスプ(留め具)も含めた全長を測定します。

ネックレスを身に着けた際の実際の長さは、留め具の位置によって変わることがあるため、留め具を含む全長を測定することが重要です。また、チェーンからぶら下がっているペンダントトップやアクセサリーチャームなどは、チェーンの長さには含まれませんので、測定から除外しましょう。これさえ理解すれば、手持ちのパールネックレスの長さを簡単に測定できるようになります。

 

【悩み別】綺麗に見えるパールネックレスの長さ

【悩み別】綺麗に見えるパールネックレスの長さ

ここからは、セミフォーマル〜カジュアルシーンにおける「首元が綺麗に見えるパールネックレスの長さ」を解説していきます。

  • 身長が高い人には100cm程度の長さがおすすめ
  • 身長が低い人には40cm程度の長さがおすすめ
  • 首の太さでお悩みの方は60〜80cm程度の長さがおすすめ

 

身長が高い人には100cm程度の長さがおすすめ

身長が高い方には、長めのパールネックレスがおすすめです。セミフォーマル〜カジュアルシーンにおいて、一般的に100cm程度の長さのネックレスは、身長に対してバランスが取りやすく、スタイリッシュでエレガントな印象を与えることができます。

身長が高いと、短めのネックレスだと首元がすっきりし過ぎてしまい、バランスが悪く見えることがあります。一方、長めのネックレスは、胸元から腰の位置までしっかりと装飾され、全体の調和を保ちます。また、長いチェーンを巻いたり結んだりして、さまざまなスタイリングのバリエーションを楽しむことも可能です。

 

身長が低い人には40cm程度の長さがおすすめ

身長が低い方には、短めのネックレスをおすすめします。一般的に40cm程度の長さのネックレスは、身長に合ったバランスを保ち、小柄な体型に馴染みやすいスタイリングを提供します。

身長が低いと、長めのネックレスは首元が詰まり、体型が縮こまったように見えることがありますが、短いネックレスは首元をスッキリと見せ、全体のプロポーションを引き立てる助けになります。また、40cmの長さは、日常のカジュアルな服装やオフィススタイルにも適しており、シンプルで上品な装いに合わせやすいです。短いネックレスは、小さなペンダントやチャームとも相性が良く、個性的なアクセントを付けるのにも最適です。

 

首の太さでお悩みの方は60〜80cm程度の長さがおすすめ

首の太さにお悩みの方には、60〜80cm程度の長さのネックレスがおすすめです。首の太さがあると、短いネックレスを身に着けるときに窮屈に感じたり、引っかかったりすることがありますが、60〜80cmの長さなら、首の太さを気にせずに装着できます。特に、80cmの長さはゆったりとした着け心地を提供し、すっきりとした印象に見せてくれます。

 

【冠婚葬祭】適切なパールネックレスの長さ

冠婚葬祭での適切なパールネックレスの長さについても紹介していきます。

  • 入学式や卒業式での適切なパールネックレスの長さ
  • 結婚式での適切なパールネックレスの長さ
  • お葬式やお通夜での適切なパールネックレスの長さ

 

入学式や卒業式での適切なパールネックレスの長さ

入学式や卒業式での適切なパールネックレスの長さ

入学式にぴったりのネックレスの長さは、おおよそ43cm前後が最もフォーマルで適しています。この長さは、ちょうど鎖骨にかかるくらいで、首回りや胸回りをきれいに引き立ててくれます。

もちろん、入学式でも50cmや60cmくらいの長さのネックレスを身に着けることは問題ありませんが、それ以上の長さだと、カジュアルなパーティー向けの印象になる可能性があるため、選ぶ際には注意が必要です。一連タイプのものはもちろん、二連や三連タイプの長さのあるネックレスも入学式におすすめです。自分のスタイルやお好みに合わせておしゃれを楽しんでください。

卒業式のジュエリーマナーについては、以下の記事でも紹介しています。
卒業式にはパールネックレスで大丈夫?母の服装からアクセサリーマナーまで徹底解説

結婚式での適切なパールネックレスの長さ

結婚式での適切なパールネックレスの長さ

結婚式でのネックレスの選び方には特定の決まりはありませんが、43cm前後は鎖骨にちょうど収まる長さで、結婚式のフォーマルな雰囲気にマッチします。一方で、結婚式に親族として参列する場合には、ショートタイプのネックレスを身につけることがおすすめです。

一般の招待客として出席する場合は、50〜60㎝ほどの長さのマチネータイプや、バストトップほどのオペラタイプ、あるいは二連や三連タイプのネックレスも、マナー違反ではありません。自分のスタイルや結婚式のドレスコードに合わせて最適なネックレスを選びましょう。

結婚式のジュエリーマナーについては、以下の記事でも紹介しています。
結婚式のパールネックレスの着用マナーを解説!花嫁・母・ゲストの立場別おすすめネックレスも紹介

お葬式やお通夜の適切なパールネックレスの長さ

お葬式やお通夜での適切なパールネックレスの長さ

お悔やみでのネックレスの長さは、必ず1連が基本で、長さは43cm前後が一般的です。重ねづけは好まれず、「不幸の繰り返し」を意味するため避けましょう。葬儀において、アクセサリーはかつては避けられていましたが、その後、真珠だけが許容されるようになりました。しかし、真珠を着用する場合でも、厳格なマナーを守ることが大切です。

葬儀で着用するパールの色は白・グレー・黒が適切で、アコヤパール(白・グレー)の大きさは7〜8mm、クロチョウパールの大きさは10〜12mmの定番サイズにします。一粒パールのネックレスや、シルバーやゴールドのチェーンを使用することはマナー違反です。大切な葬儀の場でのネックレスの選び方に注意し、故人への最後のお別れを適切に行いましょう。

葬儀のジュエリーマナーについては、以下の記事でも紹介しています。
喪服にはパールネックレスがいる?いらない?弔事のアクセサリーマナーを徹底解説!

悩みやシチュエーションに合ったパールネックレスの長さを選ぼう

悩みやシチュエーションに合ったパールネックレスの長さを選ぼう

今回は、パールネックレスの長さの選び方について詳しく解説しました。パールネックレスの長さは、個人の体型や好み、着用するシーンによって異なります。最も一般的で綺麗に見えるのは、鎖骨にかかるくらいの長さである約40cm前後のチョーカー型ですが、身長や首の太さに合わせて選ぶことも大切です。

ERIS VELINA」では、高品質なパールを提供し、豊富な種類とデザインであなたのニーズに合った一本を見つけるお手伝いをしています。自分にぴったりの長さやデザインのパールネックレスを見つけるために、「ERIS VELINA」もご検討ください。

■パールネックレスのマナーに関連する記事
【葬式の服装とアクセサリー】50代からの女性は黒蝶真珠のネックレス。買うタイミングや選び方とは
【グレーパールネックレス】いつ使う?どこで買う?葬式・厄除けに選ばれる理由とは
黒真珠(ブラックパール)を結婚式で使える?お祝いの席でパールネックレスをコーデするコツとは

ブログ一覧に戻る
<前の投稿 次の投稿>
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun