結婚式のパールネックレスの着用マナーを解説!花嫁・母・ゲストの立場別おすすめネックレスも紹介

結婚式のパールネックレスの着用マナーを解説!花嫁・母・ゲストの立場別おすすめネックレスも紹介

目次

人生における晴れ舞台の一つである、結婚式。新郎新婦の門出をお祝いするおめでたい席ではありますが、出席する上で気になるのがやはり身だしなみのマナーですよね。特に、ドレスやバッグは決まったものの、「アクセサリーはどんなものを身に着ければよいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。種類が豊富なアクセサリーですが、やはり結婚式で着用するとなれば、パールネックレスが最適です。

この記事では、結婚式にパールネックレスがおすすめな理由や着用する上でのマナーなどについて詳しく解説します。また、花嫁やその母親、お呼ばれしたゲストそれぞれにパールネックスが必要な理由に関しても紹介します。マナーを守って失礼のないように結婚式を飾るためにも、ぜひ最後まで目を通してみてください。

パールネックレスのマナーについては以下の記事でも紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。
パールネックレスのマナーを解説!冠婚葬祭や長さ・大きさ・色・形別にわかりやすく紹介 

結婚式のアクセサリーにはパールネックレスがおすすめ

結婚式のアクセサリーにはパールネックレスがおすすめ

結婚式というお祝いの席で身に着けるアクセサリーなら、パールネックレスがおすすめです。パールには、「健康・円満・長寿・富・純潔」という石言葉があり、晴れの日を祝福するのに最適な宝石です。また、パールは古来より、優れた守護力を持つお守りとして人々に重宝されていた宝石でもあります。

大切な人が健やかに過ごせるよう願いを込められてきたパールは、結婚式で身に着けるのにうってつけです。加えて、ネックレスという円状のアクセサリーは「縁」の象徴ともされています。結婚式においては、結ばれた良縁が末永く続くようにという意味が込められています。パールネックレスは、石言葉や歴史、形状など、どれをとっても結婚式にふさわしいアクセサリーなのです。

 

ゲスト必見!結婚式におけるパールネックレスの基本マナー

ゲスト必見!結婚式におけるパールネックレスの基本マナー

新郎新婦の門出をお祝いする席に最適なパールネックレスですが、結婚式にお呼ばれしたゲストが着用する上でいくつか注意しなければならないポイントがあります。「マナーを知らずにパールネックレスを選んでしまい、せっかくの結婚式を台無しにしてしまった」なんてことにならないためにも、以下の4点について解説します。

  • パールの色の選び方
  • パールネックレスの長さ
  • 二連や三連のネックレス着用の可否
  • そもそもネックレスは着用するべきか

それぞれの項目をきちんと押さえ、ゲストが注意したいパールネックレスの基本的なマナーを身に着けましょう。

 

パールの色のマナー

結婚式でパールネックレスを着用することにした際、まず気になるのがパールの色ですよね。結婚式は主役である花嫁と同色になってしまう事態を避けるべく、基本的に白色のアクセサリーはNGとなっています。

ただし、その中でもパールだけは例外です。控えめながらも気品溢れる輝きを放つパールネックレスは結婚式の場にふさわしく、ゲストでも着用することが可能です。中にはピンクパールやゴールドパールなど色のついたものもありますが、肌に馴染みやすくあまり目立たないデザインであれば身に着けることができます。

 

ブラックパールは着けてもいい?

結婚式のパールネックレスの中でも特に注意しなければならないのが、ブラックパールです。一連のブラックパールはお葬式を連想させるため、参列者の中にはあまりよい顔をしない方もいるでしょう。結婚式でブラックパールの着用自体が禁じられているわけではありませんが、参列者の方々に配慮する意味合いでも避けた方が無難といえます。なお、ブラックパールでも一粒のネックレスならお葬式の印象が薄いため、結婚式でも着用が可能です。

結婚式の際のブラックパールのマナーについては、以下の記事でも紹介しています。
黒真珠(ブラックパール)を結婚式で使える?お祝いの席でパールネックレスをコーデするコツとは

フォーマルの長さは短いのがマナー

ネックレスは、長さが短く首元に近いほど正装とされています。そのため、フォーマルな場である結婚式では、40cm程度のネックレスを着用するのが基本的なマナーです。長いネックレスは普段遣いのようなカジュアルな雰囲気が感じられてしまうため、結婚式には不向きです。とはいえ、ゲストの方であれば60cmまでの長さのネックレスを着用しても、マナー違反には当たりません。ただし、長いネックレスを身に着ける際は、あくまで主役である花嫁よりも目立つ華美なものや大ぶりなデザインのものは避けましょう。


ネックレスの長さに関するマナーは以下の記事でも紹介しています。
パールネックレスの長さを悩みやシーンに分けて解説!首元〜胸元が最も綺麗に見える長さとは?

二連や三連のパールネックレスでも大丈夫?

「花嫁より目立ってしまうのでは?」と心配されがちな二連や三連のパールネックレスですが、結婚式でのお呼ばれゲストが着用しても問題ありません。結婚式における二連や三連のパールネックレスには、「幸せや喜びが繰り返され、重なるように」という祝福の意味が込められています。そのため、結婚式でゲストが着用するにはふさわしいアクセサリーといえるでしょう。とはいえ、ゲストの方が身に着ける場合は、あくまで主役である花嫁よりも目立たないデザインのものを選ぶように心がけてください。

 

そもそもネックレスは着用するべき?

結婚式に出席する方の中には、「首元に何かが当たる感触が苦手」「できればネックレスは着けたくない」という方もいるでしょう。結論からいうと、結婚式でネックレスを着けなくてもマナー違反にはなりません。

とはいえ、ドレスを着る場合は胸元が開いたゆったりとしたデザインのものが多いため、デコルテが寂しく見えてしまうのも事実です。会場の華やかさの演出に一役買うためにも、ネックレスは着用した方が無難ではあります。首元の違和感が苦手な方はできるだけ軽い素材のものを、締め付け感が苦手な方は、失礼に当たらない程度に長いネックレスを着けるなど工夫するとよいでしょう。

 

結婚式で一連のパールネックレスが必要な理由を立場別に紹介

結婚式で一連のパールネックレスが必要な理由を立場別に紹介

これまで紹介してきた通り、パールネックレスは結婚式に最適なジュエリーです。特に一連のパールネックレスはもっともフォーマルなアクセサリーとされており、結婚式では花嫁やその母親、ゲストなどあらゆる立場の人に着用が推奨されています。ここからは、花嫁、花嫁の母親や親族、ゲストの3つの立場ごとに、一連のパールネックレスが必要な理由について順番に解説します。

 

パールネックレスは花嫁にこそマストなアイテム

結婚式の主役である花嫁には、気品の感じられるシンプルな一連のパールネックレスがぴったりです。パールは「健康・円満・長寿・富・純潔」の石言葉から花嫁に幸せをもたらすともされており、まさに結婚式で花嫁が着けるにふさわしい宝石です。純白のドレスに白色のパールネックレスという組み合わせからは、上品さや格調高さが醸し出され、花嫁に似つかわしい素敵な装いといえます。

また、花嫁は結婚式の主役であると同時に、ゲストをお迎えする立場でもあります。参加してくれたゲストに対する感謝の気持ちを込める意味でも、フォーマルな一連のパールネックレスで謝意を表しましょう。パール一粒の大きさは7mmから8mm程度、長さは40cm程度に留めるのがベターです。

 

花嫁の母親や親族はパールネックレスで格調高い雰囲気に

母親は、花嫁と同じくクラシカルな一連のパールネックレスを着用するのがおすすめです。真珠は、古くから花嫁道具の一つともされてきました。新郎のもとへ嫁いでゆく娘の幸せを願うという意味でも、花嫁の母親にはパールネックレスが欠かせません。

母親を含め、新郎新婦の親族は基本的に結婚式でゲストをお迎えする立場にあります。そのため、装いもフォーマルに、落ち着いた雰囲気を心がけましょう。結婚式でどんなアクセサリーを着けるか迷っている親族の方は、花嫁の母親と同様にパールネックレスの着用がおすすめです。パールネックレスの長さは40cm程度と短めのものを選んでください。二連や三連のネックレスは、カジュアルさが強く感じられてしまうため控えたほうがよいでしょう。

 

ゲストは一連のパールネックレスに祝福の想いを込めて

パールは花嫁に幸せをもたらす宝石でもあるため、ゲストが結婚式で一連のパールネックレスを身に着けることで、「花嫁の幸せを願う」という気持ちを表すことができます。なお、一連のパールネックレスを着用する際は、なるべく控えめで肌馴染みのよいデザインのものを選びましょう。結婚式の主役である花嫁より目立つ豪華なデザインや、大ぶりのアクセサリーなどの着用はご法度です。

一連のパールネックレス以外なら、一粒パールのネックレスや二連・三連のパールのネックレスもおすすめです。一粒パールは控えめながらも大人の上品さや優雅さを兼ね備えており、まさに結婚式のゲストが着用するのにぴったりなアクセサリーです。二連や三連のパールネックレスは、「幸せが重なるように」という意味が含まれているため、お祝いの場に最適といえるでしょう。

 

結婚式に最適なパールネックレスを活かしたコーデ

結婚式に最適なパールネックレスを活かしたコーデ

結婚式という晴れの日にぴったりなパールネックレス。しかし、お呼ばれされたゲストの方は「パールネックレスにどんなドレスを合わせればいいんだろう」と悩んでしまうかもしれませんね。40cm程度の短めのパールネックレスを身に着ける場合は、襟元に余裕のあるタイプのドレスがおすすめです。

パールネックレスを着用することで、寂しいデコルテが一気に華やぎます。スカート丈は、20代の方なら膝上もOKですが、30代以降の方は落ち着きが求められるため、膝下のものをチョイスしましょう。バッグはパールネックレスに合わせて白色のものを選ぶと、統一感が出て上品なコーディネートになります。

 

ドレスの色は?黒でも大丈夫?

白色のパールネックレスは、基本的にどの色のドレスにもよく似合います。ご自身のパーソナルカラーなどを考慮し、お似合いの色のドレスを選んでみてください。ただし、黒色のドレスと白色のパールネックレスの組み合わせは、お悔やみの場の装いに見えてしまうため注意が必要です。黒色のドレスを着用する際は、色のついたボレロや小物を合わせるなどして、黒一色にならないよう配慮しましょう。

 

パールネックレスは結納品に人気

パールネックレスは結納品としても人気

「結納」は、結婚を前提とした両家が合同で行う儀式のことを指します。この際、嫁入りの場合は男性から女性へ、婿入りの場合は女性から男性へ、婚約記念品が贈られることが一般的です。パールネックレスは、特に男性から女性への婚約記念品として人気があり、男性の母親から女性へ贈るケースも少なくありません。女性が嫁入り道具として用意していなければ、結婚前のプレゼントとしてもおすすめです。

上品なパールネックレスは、その後の結婚式はもちろん、今後の冠婚葬祭のたびに着用できるアイテムであるため、重宝します。いずれ子供が生まれ、その子が結婚する際に譲り渡すこともでき、家族の絆の象徴にもなり得る点が魅力です。

 

結婚式でのパールネックレスならERIS VELINAにおまかせ

結婚式でのパールネックレスならERISVELINAにおまかせ

結婚式でのアクセサリーや結納品などで人気のパールネックレスですが、いざ購入しようと思っても「どこで買えばよいか分からない」「安っぽい商品は買いたくない」とお困りの方も多いでしょう。 そんな時におすすめなのが、ERIS VELINAです。ERIS VELINAは、品質の優れた無調色パールのみを取り扱っている真珠の専門店です。一連のネックレスだけでなく、一粒パールのペンダントやイヤリングなど幅広い商品を取り揃えています。

パールネックレスには、真珠の中でももっともテリの美しいアコヤ真珠が用いられています。小ぶりで控えめながらも淡く気品のある輝きを放つパールネックレスは、結婚式という華々しい舞台にもよく映えることでしょう。フォーマルな場だけでなく、ちょっとしたお出かけなどにも着用できるため、使い勝手も抜群です。「他の商品よりワンランク上のパールネックレスを購入したい」という方は、ぜひERIS VELINAで上質な輝きが魅力的なパールネックレスを手に入れてみてくださいね。

▶️関連ページ:アコヤパールネックレス特集

 

結婚式はパールネックレスで品格のある装いを

結婚式はパールネックレスで品格のある装いを

結婚式に着用するアクセサリーなら、パールネックレスがおすすめです。パールネックレスを身につける際は、なるべく短いものを選んでフォーマルに装いましょう。花嫁やその母親は上品な一連のパールネックレス、ゲストはシンプルな一粒パールのネックレスや二連・三連のパールネックレスがおすすめです。結婚式にお呼ばれされたゲストは、パールネックレスやドレスなどが主役である花嫁より目立たないよう注意しましょう。

パールネックレスは、ERIS VELINAでお買い求めいただけます。上質な無調色パールのネックレスが豊富に揃っているため、きっとお気に入りの逸品を見つけられるはずです。結婚式への参加を控えた方は、ぜひパールネックレスを入手して胸元を美しく輝かせてみてくださいね。

■パールネックレスのマナーに関連する記事
【葬式の服装とアクセサリー】50代からの女性は黒蝶真珠のネックレス。買うタイミングや選び方とは
【グレーパールネックレス】いつ使う?どこで買う?葬式・厄除けに選ばれる理由とは
卒業式にはパールネックレスで大丈夫?母の服装からアクセサリーマナーまで徹底解説
喪服にはパールネックレスがいる?いらない?弔事のアクセサリーマナーを徹底解説!

ブログ一覧に戻る
<前の投稿 次の投稿>
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun