オフィスカジュアルのパールジュエリー

オフィスカジュアルにネックレスやピアスはOK?マナーやおすすめのパールジュエリーを紹介

目次

オフィスカジュアルとよく聞きますが、ネックレスやピアスはOKなのか、どんなファッションなのか、明確に分かる人は多くないのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

  • オフィスカジュアルとは、どんなファッションをいうのか
  • オフィスカジュアルの基本的なマナー、NGのポイント
  • オフィスカジュアルにおすすめのパールネックレスとピアス
などを具体的に紹介しています。新社会人はもちろん、オフィスカジュアルのコーディネートに悩んでいる人は、ぜひチェックしてください。きっと明日からのビジネスシーンに、役立つこと間違いないでしょう。

 

オフィスカジュアルってどんなファッション?

オフィスカジュアルとは

オフィスカジュアルとは、その名の通りオフィスで仕事する際のカジュアルな服装のことをいいます。決してカジュアルすぎず、尚且つスーツなどのフォーマルすぎないコーディネートを指し、具体的なルールがありません。そのためオフィスカジュアルを実際に着用する際は、悩んでしまいますよね。

そこで最初の内は、会社の社風や実際に着用している社員を参考にすると良いでしょう。さらにマナーの面も考慮しながら、カジュアルとフォーマルを上手に組み合わせると素敵に着こなせます。ここで紹介する具体的なオフィスカジュアルのファッションを、ぜひ参考にしてくださいね。

 

オフィスカジュアルのマナーとコーデポイント

オフィスカジュアルのコーデのポイント

ここからはオフィスカジュアルの具体的なマナーと、コーディネートのポイントを紹介します。オフィスカジュアルを着こなす上で、基本的なルールを分かりやすくまとめました。

どんな組み合わせをすれば良いか悩んでしまう人は、ここでの記事を参考にすれば間違いないでしょう。

 

清潔感をだす

会社や職業によって服装の規定が異なるオフィスカジュアルですが、一番肝心なのは清潔感を出すことです。シワシワな服やヨレヨレな服は、だらしない印象になるので、注意しましょう。

またスウェットやデニム素材、ダメージ加工があるもの、ルーズなデザインのものなども、普段着に見えるので、仕事の際は着ない方が無難です。

明確なルールがないからこそ清潔感が感じられ、広く好感を持たれやすい装いを意識しましょう。

 

会社の規定を守る

明確な基準がないオフィスカジュアルですが、社内規定を定めている企業もあります。その際は、会社の規定を順守したうえでオフィスカジュアルのコーディネートをしましょう。入社初日に服装で注意されないように、事前に服装規定をチェックしておくことが重要です。

しかし靴やアクセサリーなどの規定がなく、悩んでしまう場合もあるでしょう。その際は、より「きちんと」見えるものを選ぶと間違いありません。細かい所は、入社後に同僚や上司のコーディネートを参考にし、徐々に自分に取り入れていくのがベストです。

 

職業イメージを崩さない

企業によってOKとNGの線引きがさまざまなオフィスカジュアルですが、職業のイメージを崩さないことも重要なポイントです。たとえばオフィス勤めの内勤だとしても、来客対応などで社外の人に会うこともあるため、シャツや細めのパンツなどキレイめな服装が良い場合もあります。

またIT系やクリエイティブ系などの企業では、ジーンズやスニーカーが許容されているケースもあるでしょう。大切なのは、職業イメージを崩さず、社風にあったコーディネートを心がけることです。

 

ベーシックカラーでコーデを作る

オフィスカジュアルでのカラーの基本は、ベーシックカラーです。明確なルールがないオフィスカジュアルですが、どんな色を合わせても良いという訳ではありません。基本的には白・黒・ベージュ、グレーなどの定番色でコーディネートを作るのが無難です。

ベーシックカラーは上品で落ち着いた印象を与えることができる上に、組み合わせがしやすいという大きなメリットもあります。色味に悩んだ際は、ベーシックカラーを選ぶと間違いないでしょう。

 

オフィスカジュアルコーデの注意点

オフィスカジュアルのコーデの注意点

ここからはオフィスカジュアルの注意点を紹介していきます。オフィスカジュアルには明確な定義がなく、会社によってOKやNGの線引きが曖昧です。

しかし過度な露出やカジュアルすぎる服装など、明らかに注意するポイントもあります。以下の事柄に注意しながら、社風に合うオフィスカジュアルコーデにしましょう。

 

肌の露出はなるべく控える

露出が多い服装は、一般的にオフィスでは避けるべきだとされています。オフショルダーやミニスカートなどの服装は、仕事をする上で相応しくないと感じる人も多いため、気を付けましょう。

また同様にボディラインが強調される服装も、控えた方が無難です。スカート丈は規定がある場合は必ず守り、そうでなければひざ丈以下を選ぶと間違いないでしょう。ビジネスシーンでは、先方や同僚に少しでも不快感を与えない服装を選ぶことが大切です。

 

社風・職業イメージ合わない服装は避ける

オフィススタイルの許容ラインは、業界や職種、職場の雰囲気などによって異なります。社風や職業イメージを無視した服装をしてしまうと、社内で浮いてしまったり社外の人からの評価を落としてしまうこともあるので、注意が必要です。

しかし明確な基準がないため、どのようなアイテムを選べばいいか困ってしまう人もお良いでしょう。その場合は職場の上司や先輩の服装を見て、雰囲気などを合わせるのがベストです。悪目立ちしないことを鉄則に、会社に馴染むコーディネートを意識しましょう。

 

ラフになりすぎない

業種や職場の雰囲気にもよりますが、カジュアルすぎないことが重要です。カジュアルといっても、Tシャツやデニム、サンダルなどのラフになりすぎる服装は、避けましょう。

また派手なデザインや色使いのアイテムも、ビジネスシーンでは相応しくありません。取引先や来客の対応も多いオフィスでは、シンプルでベーシックな色合いの服装を選ぶと良いでしょう。

あくまでスーツ等のフォーマルな服装に準ずる、カジュアルコーデを意識することが大切です。

 

【マナーにも注意】オフィスカジュアルではネックレスやピアスを着けてもいい?

オフィスカジュアルのコーデのマナーに注意

女性を魅力的に魅せるアイテムとして、時にはお守り代わりとして、出来ればお気に入りのネックレスやピアスをオフィスにもつけていきたいですよね。一般的には会社の規定がない限り、ジュエリーは身に着けても良いとされています。

ただし大ぶりで煌びやかなものは避け、仕事の邪魔にならないシンプルで品のあるネックレスやピアスを選ぶようにしましょう。オフィスカジュアルに適したネックレスやピアスを身に着けることで、上品さや大人っぽさを引き立てることができます。

 

オフィスカジュアルで身に着けるのはどんなネックレスやピアスがいい?

オフィスカジュアルで身につけるジュエリー

オフィスカジュアルでネックレスやピアスを身に着ける際は、どんなデザインのものが良いか悩んでしまう人も多いでしょう。そこでここからは、どのようなデザインのネックレスやピアスを選べば良いかを詳しく紹介していきます。

ぜひこの記事を参考に職場に合うジュエリーを身に着けて、オフィスカジュアルを楽しんでください。

 

肌馴染みのよいネックレス

オフィスカジュアルには主張しすぎない、肌馴染みの良いネックレスを選ぶと間違いありません。細いチェーンや小さな宝石をあしらったネックレスは、オフィスカジュアルにも合わせやすいのでおすすめです。

肌馴染みの良いネックレスは、光を集めて肌を美しく見せてくれるメリットもあります。自分を美しく見せてくれるネックレスを身に着けたい人は、肌馴染みの良さでネックレスを選ぶと良いでしょう。

30代女性におすすめのオフィスカジュアルのセルフブランディングについては以下の記事でも詳しく紹介しています。▶︎仕事のできるマインド美人10の特徴とは|30代女性のオフィスカジュアルやアクセサリーを徹底解説

 

上品さを感じられるネックレス

オフィスカジュアルに合わせる場合、上品さを感じられるネックレスを選ぶことが大切です。大きな宝石がついたネックレスや太いブレスレット、鮮やかな色合いの宝石などを身に着けると、ラフさやカジュアルさが目立ってしまいます。

ネックレス選びは「上品に見えるか」を基準にすると、オフィスカジュアルコーデに合わせやすいでしょう。特に40代以降や役職に就いた場合は、好印象を与えるだけでなく、頼もしくも感じられるのでおすすめです。

40代のオフィスカジュアルコーデについては以下の記事でも詳しく解説しています。▶︎骨格診断別に「40代女性のオフィスカジュアル」のマナーからアクセサリー選びまで徹底解説

 

シンプルなネックレス

オフィスカジュアルのネックレスは、シンプルなデザインを選ぶようにしましょう。一粒パールや一粒ダイヤなどのシンプルなネックレスは、オフィスカジュアルコーデとの相性も良くおすすめです。

またシンプルだからこそ上品に見え、オフィスではもちろん、さまざまなシーンでも活躍してくれます。 洗練されたイメージを感じさせるシンプルなネックレスは、好印象を持たれやすいので一つは持っておくと間違いないでしょう。

 

仕事をする上で邪魔にならないネックレス

オフィスカジュアルでは、仕事をする上で邪魔にならないネックレスを選ぶことが重要です。特に指輪やブレスレットなど、手元を飾るジュエリーは控え目にして、業務の邪魔にならないようにしましょう。

また大きすぎるフープピアスやチェーンピアス、長すぎるネックレスも、下を向いて作業する際などに邪魔になります。大ぶりのものはプライベートで楽しみ、オフィスでは仕事に支障のないジュエリーを身に着けるようにしましょう。

 

オフィスカジュアルにおすすめのパールジュエリー5選

オフィスカジュアルにおすすめなジュエリー

ここからは、オフィスカジュアルにおすすめのパールジュエリー5選を紹介します。パールが持つ上品さと柔らかい雰囲気は、まさにビジネスシーンにぴったり。ぜひオフィスカジュアルコーデに合わせるジュエリー選びの参考にしてくださいね。

 

1.誕生石付き一粒アコヤ真珠パールネックレス

まず間違いないデザインなのが、誕生石付き一粒パールネックレスです。シンプルなパールネックレスに誕生石をあしらっているデザインは、オフィスカジュアルにぴったり。

誕生石はカラフルなものもありますが、小粒でさり気ないため、上品なオフィスカジュアルにも合わせやすいでしょう。

また誕生石はお守り代わりにもなるので、ビジネスシーンにもおすすめです。誕生石付きの一粒パールネックレスで、オフィスカジュアルに自分らしさを取り入れてみてはいかがでしょうか。

▶︎4月 誕生石 ダイヤモンド|一粒 アコヤパール ペンダント ネックレス|無調色アコヤ真珠 8.0mm K10WG|チェーン付き

 

2.ホワイトゴールドモチーフの一粒白蝶真珠パールネックレス

エレガントで仕事ができる印象を与えたい人には、モチーフ付き一粒パールネックレスがおすすめ。 肌馴染みのよいホワイトゴールドのモチーフが付いた一粒オパールネックレスが、ビジネスシーンに良く馴染みます。

上品なうえに、どんなコーディネートにも合わせやすく、年代を問わず長く愛用できるのも嬉しいポイント。身に着けるだけで自信が持てるようなネックレスなので、仕事を頑張りたい人にぜひ選んで欲しいネックレスです。

▶︎【常盤木】一粒 シロチョウパール ダイヤモンド ホワイトゴールド ペンダント|無調色 白蝶真珠(南洋真珠) 10mm K18WG

 

3.揺れるダイヤモンド付き一粒南洋真珠パールネックレス

さり気ないデザインを探している人にぴったりなのが、ダイヤモンド付きの一粒南洋真珠パールネックレス。

南洋真珠の柔らかく透明感のあるゴールドカラーは日本人の肌によく馴染むので、どんなコーディネートにも合い、悪目立ちせず着用できます。またネックレスが揺れる度にダイヤモンドが上品に輝き、女性らしさを引き立てますよ。

光を集めるシンプルで上品なデザインなので、おしゃれで洗練されたイメージを感じさせたい人におすすめです。

▶︎【月乃雫】一粒 ゴールデンパール ダイヤモンド イエローゴールド ペンダント|無調色 白蝶真珠 (南洋真珠) 7.5-8.5mm K18YG

 

4.アメジスト・ローズクォーツ付き一粒黒蝶真珠パールネックレス

落ち着いた印象のネックレスを探している人は、アメジスト・ローズクォーツ付きの黒蝶パールネックレスが良いでしょう。黒蝶パールを使用しているため、ブラックやグレーなどを基調としたオフィスカジュアルコーデとの相性も抜群です。

また白やベージュなどの明るめの装いにも、黒蝶パールネックレスを付けるだけで、大人っぽい雰囲気を演出できます。信頼感を与えやすいデザインなので、ビジネスシーンには最適なネックレスといえるでしょう。

▶︎【桔梗】一粒 クロチョウパール アメジスト ローズクォーツ ピンクゴールド ペンダント|無調色 黒蝶真珠(タヒチアンパール) 10mm K18PG

 

5.アコヤ真珠一粒パールピアス

一粒のパールピアスも、オフィスカジュアルコーデにおすすめのピアスです。顔に近く印象に残りやすいピアスにパールを選ぶことで、仕事相手に優しく上品なイメージをもたらします。

またりんごをモチーフにした可愛らしいデザインながらも、パールでエレガントな印象になるため、年代を問わず身に付けやすいのも魅力的。もちろんオフィスカジュアルコーデとの相性も良いので、ビジネスシーンで大活躍すること間違いないでしょう。

▶︎【姫果】一粒 アコヤパール ダイヤモンド イエローゴールド ピアス | 無調色 アコヤ真珠 7.0mm K18YG

 

まとめ

無調色パールネックレスのエリスヴェリーナ

この記事ではオフィスカジュアルコーデにネックレスやピアスを身に着けてもOKか、マナーやNGポイントなど詳しく紹介しました。ここで紹介したジュエリーは、オフィスコーデとの相性も良く、おすすめのデザインばかりです。

オフィスカジュアル用のネックレスやピアスをお持ちではない人や、プレゼントを探している人は、ERIS VELINA(エリスヴェリーナ)を検討してみてくださいね。ぜひオフィスカジュアルコーデをパールジュエリーで格上げして、素敵な着こなしをお楽しみください。

Back to blog
<前の投稿 次の投稿>