【ママ友事情】ママ友付き合いに適した服装やコーデとは?

ママ友ランチにふさわしい服装やコーデを徹底解説!母のアクセサリーは「一粒パールネックレス」がおすすめ

目次

子供の幼稚園や保育園、学校などを通して繋がりが生まれるママ友。育児の悩みを相談し合えたり、園や学校の連絡などを共有できたりするのは素晴らしいことですが、ママ友との付き合いもよいことばかりではありませんよね。

  • 「ママ友と交流するのがめんどくさい」
  • 「ママ友たちとランチに行くのが憂鬱」

など、ママ友付き合いならではの悩みに頭を抱えている女性は多いものです。

この記事では、子育て女性のトラブルや悩みの種になりがちなママ友事情からおすすめの服装まで紹介します。また、「何を着ていけばよいのか分からない」と多くのママを悩ませる、ママ友とのランチコーデやおすすめのアクセサリーについても見ていきましょう。

ママ友付き合いでお悩みの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

パールネックレスのコーディネートについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。▶パールネックレスのコーデを徹底解説!カジュアル・オフィスなど普段使いにもおすすめ

 

ママ友付き合いをめんどくさいと感じる人は多い

ママ友付き合いに悩む女性

女性特有の根深い悩みの種になり得る、ママ友付き合い。

  • 「ママ友とちょっと立ち話をするだけでも疲れる」
  • 「ママ友から嫌われていないか心配」

など、友人のように気の置けない間柄ではないからこその悩みやストレスが尽きませんよね。楽しそうにママ友付き合いをしている他の女性を見て、「もしかしてママ友付き合いが苦手なのって私だけ?」と気に病む初心者ママもいるかもしれませんが、ご安心ください。

結論から言うと、ママ友付き合いを苦にしている女性はあなたが思っているよりもずっと多くいます。ここからは、ママ友付き合いにおける悩みやストレスの原因について、一緒に見ていきましょう。

 

ママ友からマウントを取られる

世間話をする中で、ママ友からマウントを取られた経験のある方も多いのではないでしょうか。世のママがママ友付き合いをめんどくさいと感じる大きな理由の一つとして、マウントが挙げられます。

相手にマウントの自覚があるかは分かりませんが、会話をしていて「マウントを取られた」と感じると、それだけで精神的に負担がかかってしまいますよね。

兄弟、姉妹のお子さんを持つママから「一人っ子は喧嘩もないし洗い物も少ないし楽でいいね」と言われたり、自分の子供にブランド物の服を着せたり、庭付きの自宅を自慢してきたりなど、マウントに関するエピソードは枚挙にいとまがありません。

また、自分のマウントに対して期待通りの反応が得られないと露骨に不機嫌になるママもいたりして、周囲のママが気を遣わなければならないというケースもよくあります。

 

旦那の仕事や年収についてしつこく聞かれる

ママ友から、旦那の仕事や年収についてしつこく根掘り葉掘り聞かれたことはありませんか?

仲のよいママ友ならまだしも、まだ関係の浅いママ友から旦那の詳細について質問されると、プライベートに踏み込まれているような気がして不快な気持ちになってしまいますよね。「もしかして詮索されてる?」「ママ友グループでの話のネタにされるかも」と余計な心配までしてしまいます。

旦那の仕事や年収について質問してくる人は、自分にも質問してもらってマウントを取りたいと考えている場合がほとんどです。

また、質問してきたママ友の想定以上の年収や仕事内容を答えると敵対視されてしまうケースも。当たり障りがなく、あまり嫌味にならない「会社員」や「公務員」などと答えておくのが無難でしょう。

 

ママ友界隈のカーストやヒエラルキーが怖い

ママ友界隈には、ママたちの序列を表すカーストやヒエラルキーなどが存在することがあります。学生時代、クラスに「一軍女子」と呼ばれているグループはありませんでしたか?

それと同様、ママ友界隈にも一軍、二軍といったグループ分けや、カーストのトップに位置するいわゆる「ボスママ」がいるのです。

ママ友界隈でのカーストは、旦那の職業や年収、住んでいる地域や所有している車、子供の習い事などで決まることがほとんどです。

ママ友グループの中でこのような上下関係ができると、ママ友間で嫌がらせやいじめが起こってしまうケースも。ママ友同士の争いが原因で子供にまで被害が及んでしまうこともあり、カースト制度やヒエラルキーは多くのママにとって厄介な問題と言えます。

 

ランチやカフェでのおしゃべりがストレス

ママ友付き合いの一環として、よくママ友たちとランチやカフェでともに時間を過ごすこともあるでしょう。良好なママ友関係を築くための大切な場ではありますが、やはりここでも煩わしさを感じる人が多数います。

ママ友とのランチが憂鬱な理由として、「時間が長すぎる」「おしゃべりの内容が悪口大会で嫌」などといったことが挙げられます。

ランチの時間がダラダラと長引くと貴重な自由時間がなくなってしまいますし、共通のママ友の悪口で盛り上がられると居心地の悪さを感じてしまいますよね。

時間がもったいなく思えてしまうママ友とのランチ会。そもそも、ママ友とのランチには自分の時間を犠牲にしてでも毎回行くべきなのでしょうか?

 

ママ友とのランチは毎回行くべき?

ママ友ランチに悩む女性

憂鬱に感じる人も多いママ友とのランチですが、結論から言うと無理をして毎回参加する必要はありません。

確かにママ友との交流も大切ですが、それよりも自分のストレス管理や時間の方が大切です。自分が心から行きたいと思えるランチ会であれば行くべきですが、そうでないのなら無理をして参加することは避けましょう。

とはいえ、「さすがにいつも誘いを断るばかりなのも気が引ける」という方もいますよね。毎回不参加だと顰蹙を買う恐れもありますし、「もしかしたらボスママから悪口を言われてしまうかも?」と心配になってしまいます。

そんな時は、毎回断るのではなく3回に1回は行くようにする、といったように自分の中でルールを決めましょう。

あくまで自分に負担がかからないペースを心がけると、ママ友付き合いのストレスを軽減していけるはずです。ほどほどに参加して、自分のメンタルとママ友との交流を両立させていきましょう。

 

ママ友とのランチにおすすめのコーデ

ママ友付き合いの服装

ママ友とのランチに参加するとなると、今度は「どんな服装で行ったらいいのかな?」とまた新しい悩みの種が生まれますよね。

ママ友界隈では服装について悪口を言われることも多いため、「NGコーデで参加して嘲笑の的になることは避けたい!」と考えるママも多いでしょう。

そこでここからは、ママ友とのランチに着て行くのにおすすめのコーデを年代別に紹介していきます。各年代のママに大切にしてほしいポイントや実際のコーデ例について詳しく解説しますので、服装迷子のママはぜひ参考にしてみてください。

 

20代は気取らないカジュアルさを意識

20代のママがランチコーデで意識したいポイントは、気取らないカジュアルさです。ママ友とのランチで真っ先にNGコーデとして挙げられるのが、年齢に見合わない過度な露出や、フリルがふんだんにあしらわれた少女趣味な服装。

まだ若いからとはいえ、母親である以上は過度に肌を見せたり、幼すぎる甘いテイストの服は控えましょう。

20代のママにおすすめしたいのは、シンプルなTシャツにリネン素材のワイドパンツを合わせたコーデや、オーバーサイズのジャケットにスキニーパンツを合わせたコーデなどです。

足元はオシャレなデザインのスニーカーなどにして、キャップなどの小物を合わせてみるのもよいでしょう。

シンプルかつカジュアルな装いで、ほどよい抜け感と年齢に合わせた適度なフレッシュさを演出してみてください。

 

30代は清潔感を心がけて

30代のママは、清潔感を心がけたランチコーデを考えてみましょう。20代のママと同様、カジュアルさも大切ですが、ワンランク上の大人っぽさを醸し出すためには、いわゆるキレイめの清潔感が肝になります。

30代のママはランチコーデとして、ゆったりとしたシルエットのトップスにデニムのジーンズ、またはヌーディーカラーが特徴的なミモレ丈のスカートなどを合わせてみるとよいでしょう。

女性らしい雰囲気のトップスにデニムのジーンズを合わせることで、バランスの取れた甘辛コーデが完成します。

また、ヌーディーカラーのキレイめスカートを合わせると、30代らしい落ち着いた清潔感を演出することが可能です。足元はトレンドカラーを意識したパンプスなどで飾り、20代とは異なるこなれ感を意識していきましょう。

 

40代以降は落ち着いた上品さをアピール

40代以降のママは、大人っぽさや落ち着いた上品さを全面に出していきましょう。20代や30代のママには真似できないエレガントな装いをものにできるところが、40代以降のママの強みです。

40代以降のママにおすすめしたいランチコーデは、ラフな雰囲気のブラウスにキレイ色のパンツや膝下タイトスカートを合わせたコーデや、ウエストマークされたシンプルなシャツワンピースなどです。

シンプルなブラウスに、鮮やかなラベンダーやイエローのパンツやスカートを合わせることで、大人っぽい上品さにオシャレな遊び心をプラスすることができます。

また、ウエストマークされたシャツワンピースは1枚できちんと感が出るためおすすめです。ハイウエストなデザインだとくびれが強調されてスタイルアップして見えるため、大人ママにもよく似合います。

 

ママ友付き合いにおすすめアクセサリーは一粒パールネックレス

ママ友付き合いのアクセサリーは一粒パール

ママ友とのランチコーデの最後の仕上げとして、アクセサリーをプラスしてみましょう。アクセサリーは、チープなデザインだと年齢にそぐわない幼稚さが出てしまいますし、かといって高価すぎるものだと嫌味に感じてしまうママ友もいたりして、何かとチョイスが難しいですよね。

そんな時におすすめなのが、一粒パールネックレスです。一粒パールは、派手すぎず自己主張の強くないシンプルなアクセサリーです。それでいてパールならではの存在感や上品さがしっかりと醸し出されているため、まさにママ友とのランチコーデを飾るにふさわしいアクセサリーと言えるでしょう。

一粒パールネックレスは、どんな年代の女性にも似合うところが嬉しいポイントです。20代、30代のママが着けてもよくなじみますし、40代のママが着けると落ち着いた大人っぽさがより強調されます。

また、カジュアルな服装とエレガントな装いのどちらにも似合うため、汎用性の高いアクセサリーでもあります。ママ友とのランチコーデには、一粒パールネックレスを身に着けていきましょう。

 

一粒パールネックレスの購入はエリスヴェリーナで

アコヤ・シロチョウ・クロチョウパール

一粒パールネックレスの購入を検討されている方は、ぜひERIS VELINAを覗いてみてください。ERIS VELINAは「衿元に美しい光」を広めることを目的に生まれた、無調色真珠の専門店です。しっとりとした品のある輝きを湛えた真珠を扱っており、販売しているアクセサリーの種類も多岐にわたります。

真珠の専門店と聞くと高価なイメージがあるかもしれませんが、ERIS VELINAでは手の届きやすいリーズナブルな価格で真珠のアクセサリーを取り扱っています。

本物の無調色真珠を用いた一粒パールネックレスやパールリングは、ママ友とのランチコーデにはもちろん、オフィスカジュアルや家族へのギフトにも最適です。ぜひERIS VELINAを通して、一粒パールネックレスの魅力に触れてみてください。

 

年齢に適した服装でママ友ランチを乗り切ろう

ママ友ランチ

面倒に感じる人も多いママ友付き合い。誘われるランチには毎回参加するのではなく、ほどよい頻度と距離感で上手にママ友たちと付き合っていきましょう。

ママ友とのランチには、自分の年齢層に見合ったコーデを心がけることが大切です。20代、30代のママはカジュアルさや清潔感、40代以降のママは落ち着いた大人っぽさなど、その年代の女性が最も輝く似合わせコーデを意識していきましょう。

ママ友とのランチコーデを飾るアクセサリーには、一粒パールネックレスがおすすめです。シンプルかつ上品な一粒パールネックレスは、どんな年齢層の女性にも、どんな服装にも自然になじんでくれます。一粒パールネックレスをお求めの方は、ぜひERIS VELINA(エリスヴェリーナ)をご覧になってみてくださいね。 

【パールネックレスのコーディネートに関連する記事】

【海外パールネックレス事情】欧米人から学ぶ、一粒パールの「プレゼントシーン・コーディネート術・似合う選び方」とは

【七五三の母親コーデ】フォーマルの必需品「パールネックレス」で洋装を格上げ

【お宮参りの基本】赤ちゃんの着物や母親の服装マナー、パールネックレスの選び方まで徹底解説

【母の身だしなみ】学校行事・面談・授業参観・保護者会、家族のお出かけに「一粒パール」がおすすめ

블로그로 돌아가기
<前の投稿 次の投稿>
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun