貝パールと本真珠の違い

貝パールと本真珠の違いとは?貝パールの特徴や品質、価格、冠婚葬祭に不向きな理由を解説

目次

美しい輝きと形状、手頃な価格帯といったことから、貝パールは多くの人々に愛されていますが、実際には本物の真珠とは異なる特徴を持っています。この記事では、貝パールと真珠の違いについて紹介しながら、貝パールが冠婚葬祭に不向きな理由についても掘り下げていきます。真珠にまつわる疑問や魅力を知ることで、上質なアクセサリーを選ぶ際の参考にしてください。

 真珠の種類については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

【真珠の種類】真珠の18名称を一挙紹介!シーン別に選びたい真珠の種類やパールジュエリーとは

 

貝パールとは?

貝パールの特徴貝パールは、一見すると本物のような見た目と名称ですが、養殖真珠の核と同じく天然の貝殻を削って成形加工した貝核を原珠に用いて作られる「模造真珠」の一種です。本真珠を模したイミテーションパールとしての特徴を持っています。

 

貝パールの特徴

貝パールの特徴は、天然貝核を使用し、核の周囲に層が人工的に形成されています。別名「シェルパール」とも呼ばれています。貝核に「パールエッセンス」と呼ばれる塗料が何度も塗り重ねられた人工層によって、光の多重層反射による輝きが生まれます。

 

貝パールの品質

貝パールの品質はパール塗料の質や調色、塗布技術に影響され、色合いや輝き、光沢感に違いが現れます。安価な途上国で生産される貝パールも日本国内に流通していますが、品質や塗りムラにより、日本国内のものに比べて見劣りするといわれています。

 

貝パールの作り方

貝パールの作り方としては、天然貝核にパール塗料を何度も塗り重ねて作られます。日本国内の工房では、珠をワイヤーに通し、静かにパール塗料の水槽に浸し、乾燥させる作業を繰り返し、真珠層を厚く形成します。そのため、日本産の貝パールは均一で滑らかな仕上がりを持っています。このような工程を経て販売される貝パールは「普通塗り」と呼ばれています。

 

貝パールの2つのメリット

貝パールのメリット

ここからは、貝パールの「2つのメリット」についてご紹介します。

  1. 本真珠に似た見た目
  2. カジュアルなアクセサリーとして使いやすい

メリットについてそれぞれ詳しく解説していきます。

 

1.本真珠に似た見た目

貝パールの最大のメリットは、その見た目が本真珠と非常に似ている点です。これが、貝パールが装飾品として人気を集める大きな理由の1つです。しかしながら、中には人工的な光沢を持つテカテカとしたものも存在します。このようなテカテカとした光沢のあるものは、人工的な印象を与えることがあるため、選び方に注意が必要です。

 本真珠の違いについては、以下の記事でも紹介しています。

【アコヤ真珠とは】本真珠の違い、アコヤ真珠の宝石的価値、アコヤの一粒パールを解説

2.カジュアルなアクセサリーとして使いやすい

貝パールは、カジュアル専用のアクセサリーとしての使用に適しています。本物の真珠に比べ、手頃な価格で手に入るため、カジュアルな日常のコーディネートにも気軽に取り入れることができます。そのカジュアルさと華やかさのバランスは、普段使いの装いにマッチします。

 

貝パールの3つのデメリット

真珠は、酸・熱・水・摩擦に弱い

貝パールには「3つのデメリット」があります。

  1. 酸、熱、水に弱い
  2. 摩擦によって傷が付きやすい
  3. 劣化や黄ばみが早い

デメリットについてそれぞれ詳しく解説していきます。

 

1.酸、熱、水に弱い

貝パールのデメリットの1つとして、酸、熱、水への弱さが挙げられます。

酸への弱さ

貝パールは酸に弱く、酸性の化粧品や化学物質との接触は変色や傷の原因となる可能性があります。特に、化粧品やヘアスプレーの使用後は、貝パール製品の取り扱いに注意が必要です。

熱への弱さ

高温に晒されると、貝パールの色が変わったり、光沢が失われることがあるため、ヘアドライヤーや暖房器具などの熱源から遠ざけることが重要です。

水への弱さ

貝パールは水に長時間浸ると変色や光沢の喪失が起きることがあります。入浴や水泳の際は、装着を避けるか、水が掛からないような場所での使用を考慮すると良いでしょう。

 

2.摩擦によって傷が付きやすい

貝パールのデメリットとして、その表面の柔らかさから摩擦による傷が付きやすいという点が挙げられます。硬い物との接触や、衣服や他のアクセサリーとの摩擦は特に要注意です。日常的に身に着ける際、装着箇所が他の物と頻繁に接触する場面では、特に注意深く取り扱うことが必要となります。貝パールを長く美しく保つためには、その取り扱いに慎重さが求められるのです。

 

3.劣化や黄ばみが早い

貝パールは、汗やほこりの影響を受けやすく、これが劣化や黄ばみの原因となります。特に、汗の酸性成分や塩分は貝パールの変色や表面の劣化を引き起こす可能性があります。特に夏場や運動時などの多汗時には、こまめな拭き取りや清潔に保つことが重要です。

さらに、ほこりの付着は、その輝きを鈍らせるリスクがあります。定期的な清掃や、柔らかい布でのお手入れが必要です。保管時には、ケースやジュエリーボックスを定期的に清潔にし、貝パールに汗やほこりが付かないよう心掛けましょう。

 

貝パールネックレスの価格相場

貝パールの価格相場はいくら?

一般的な貝パールネックレスの価格相場は、数百円から数万円程度です。貝パールも素敵ですが、品質と魅力を重視するなら、本真珠は他のものには代えがたい価値があります。本真珠の繊細な美しさと不朽の価値は、きっとお求めになる方に多くの喜びと満足をもたらすことでしょう。

 

貝パールと本真珠の見分け方

貝真珠とアコヤ真珠の違い

貝パールとアコヤ真珠の見分け方の一つは、真珠を両端で持って軽くこすり合わせる方法です。本物の真珠はざらざらとした感触を持ちますが、貝パールは滑らかであり、つるつるとした感じがします。ただ、力を入れすぎると傷つけるリスクがあるので、注意が必要です。

本真珠は1つ1つが独特の形や光沢、表面のエクボなどの特徴を持っており、これらの微細な違いに注目することで見分ける手がかりとなります。一方、貝パールは形が均一で整形感を持っていることもあります。

 

貝パールは「はげる」というのは本当?

表面が剥がれた貝真珠

結論からいうと、貝パールは写真の通り「はげる」というのは本当で、本物の真珠に比べると強度は劣ります。長年の使用によって穴口から徐々に剥がれてくることが多いです。乱暴な取り扱いや高温多湿の中で保管していると、劣化が早くなるのでご注意ください。

 

冠婚葬祭では、貝パールよりも本真珠がいい

アコヤパールネックレスと貝パールネックレス

ここからは、貝パールと本真珠の着用シーンについて詳しく解説します。結論として、冠婚葬祭などフォーマルシーンには、貝パールよりも本真珠が適した装いであるといえます。その理由は以下で詳しく説明します。

  1. 貝パールは涙を意味しない
  2. 本真珠は伝統と文化の象徴
  3. 本真珠は着用者の気持ちを伝える

冠婚葬祭では本真珠がおすすめな理由について、それぞれ詳しく解説していきます。

 

1.貝パールは涙を意味しないから

貝パールが冠婚葬祭などフォーマルシーンには適さない理由の一つは、涙の象徴としての意味がないためです。本物の真珠は「涙の象徴」ともされ、これは人魚が恋人の思いに涙し、その涙が波にはじけて宝石となった伝説から来ています。貝パールはこのような背景がなく、慶事や弔事など気持ちを伝えるイベントには向かないとされています。冠婚葬祭では真珠が感情の表現として使われることが多いのですが、貝パールはその象徴的な意味合いが欠けているため、適切ではないとされています。

 

2.本真珠は伝統と文化の象徴

フォーマルシーンに選ばれる理由の一つとして、本物の真珠は「伝統と文化の象徴」としての役割が挙げられます。古来、本真珠は高貴な装飾品として珍重され、その歴史的背景や伝統的な文化の中で重要な位置を占めてきました。この深い歴史的背景が、本真珠の特別な日の装いとしての価値を一層引き立てているのです。

 

3.本真珠が女性の美しさを引き出す

本真珠はその独特の穏やかな輝きで、着用者の内面の美しさを引き出す効果があります。冠婚葬祭に本真珠を身につけると、その上品で洗練された輝きが、着用者の優雅さや気品を際立たせます。このように、本真珠は着用者の美しさと気持ちを引き立てる特性があるため、フォーマルシーンの装いとして、貝パールよりも適していると言えるでしょう。

 

フォーマルシーンでは、貝パールより本真珠がおすすめ

冠婚葬祭やフォーマルは本真珠がおすすめ

貝パールと本真珠の違いを理解することは、自身のスタイルや好みに合ったアイテムを選ぶために非常に重要です。それぞれの真珠が持つ独特の魅力を理解し、選択の際の参考にすることで、自分らしい装いを演出することができます。

特に、本真珠の高品質と輝きは多くの人々から愛されています。ERIS VELINAでは、上質な本真珠を多数取り扱っており、お客様のニーズに応える製品を提供しています。是非、ERIS VELINAで最適な本真珠を見つけて、特別な日に更なる輝きを加えてください。

■真珠の種類に関連する記事

【白蝶真珠とは】アコヤ真珠との違いは?どのような特徴・種類がある?シロチョウパールペンダントの利用シーンもご紹介

【黒蝶真珠とは】黒真珠との違いや真珠の選び方、一粒パールネックレスの利用シーンまで徹底解説

【ゴールデンパールとは】価値ある天然ゴールデン色の魅力から染色との違い、身につけ方まで徹底解説

【タヒチパール】価値あるタヒチパールとは?ネックレスやペンダントの選び方もご紹介

ブラックパールとブラックリップパールは違う?黒蝶真珠の石言葉やパワーストーンの意味を紹介

ベビーパールネックレスとは?普段使いや一粒パールとの相性抜群の注目ジュエリー

【南洋真珠とは】白蝶真珠とゴールデンパールのコーデ、顔周りやデコルテに与える効果を徹底解説

返回博客
<前の投稿 次の投稿>
RuffRuff App RuffRuff App by Tsun